作品情報:蒼天の拳

コミックス



原哲夫 監修:武論尊

【解説】

【解説】

「週刊コミックバンチ」で連載された「北斗の拳」の続編。時代的にはケンシロウの2代前の伝承者となる霞拳志郎の物語。文明社会が核戦争により崩壊する以前の1935年頃の魔都上海が舞台となっている。「北斗の拳」では語られていない北斗神拳の誕生のいきさつや北斗宗家の謎などが拳志郎の戦いを通して、徐々に明らかになっていく。コミックスは全22巻。テレビ朝日系列でアニメ化もされた。

【ストーリー】

 魔都上海で閻王と恐れられたひとりの拳法家がいた。彼は義と友を重んじる上海裏社会の組織“青幇”のため、敵対する“紅華会”の幹部を皆殺し、姿を消した。それから数年。清朝最後の皇帝・愛新覚羅溥儀は閻王を見つけ出し、禁衛隊に加えるため日本に向かっていた。その船には閻王を知る男、元青幇の李永健も毒見役として乗船していた。日本に着いた李は冴えない教師、霞拳志郎に出会う。そう拳志郎こそがかつて閻王と呼ばれた男であり、第62代北斗神拳伝承者だったのだ。李との再会を喜ぶ拳志郎だったが李のもたらした報せは衝撃的なものだった。上海で紅華会が力を盛り返し、青幇の幹部が皆殺しにされたというのだ。その中には拳志郎の親友、潘光琳そして彼の妹であり拳志郎が愛した玉玲もいた。拳志郎は亡き友、恋人のため再び地獄と化した魔都上海に戻ることを決意する。そこに運命と言える出会いや宿命の戦いが待ち受けていることを拳志郎は知る由もない。


関連作品