作品情報:劇場版&OVA

DVD


【解説】

2006年3月に東宝系列で劇場版として公開された新シリーズ第1弾。原作でも人気が高いサウザーとの激闘をケンシロウ、ラオウの視点から新たに描かれている。ケンシロウの視点での物語はほぼ原作通りだが、新たなカットが多数追加されている。ラオウの視点からは新キャラクターとしてラオウの幼馴染、ゾウガ、レイナが登場。原作では描かれなかったラオウの苦悩や生き様、そして愛がゾウガやレイナを通して語られている。

【ストーリー】

 核戦争により荒廃してしまった世紀末。己の覇行のため軍勢を率いるラオウの傍らには、ラオウと同じ修羅の国で生まれ育った参謀のゾウガ、そして彼の妹であり拳王親衛隊を率いるレイナの姿があった。そんなラオウ軍の前に立ちはだかったのは南斗の将星、聖帝サウザー率いる聖帝十字軍。サウザーにはある秘密が隠されており、いかにラオウといえども迂闊に手を出すことが出来ずにいた。レイナはそんなラオウを支えられる人物はトキしかいないと単身トキ捜索に動き出す。その途中、聖帝軍に襲われ傷ついたレイナは、トキの許へと向かうリンに救われトキと再会を果たす。その頃、ケンシロウはサウザーと対峙していた。激しい攻防の中、必殺の秘孔を突くケンシロウだったが、サウザーには何の効果も現れない。それがラオウも恐れたサウザーの持つ身体の秘密だった。ケンシロウは成す術もなくサウザーの前に倒れ、捕らわれの身となってしまった。

DVD


【解説】

2007年2月OVAで発売されたシリーズ第2弾。幼少期からケンシロウとサウザーの決着の時までをユリアの視点で描いた作品。シンに連れ去られた後、ユリアがいかにして南斗最後の将としての宿命を知り、受け入れたかが描かれている。原作では描かれていない南斗水鳥拳のレイやトキとの出会いなど、ケンシロウの旅の裏側でユリアや五車星たちがどのように動いてきたのかが語られている。

【ストーリー】

 両親を失い、望まぬ予知の力のせいで心を閉ざしていたユリアは、ユリアの保護者、ダーマに連れられ北斗4兄弟が住む北斗寺院を訪れる。そこでユリアはケンシロウと運命の出会いを果たす。数年後、北斗神拳伝承者となったケンシロウはユリアと共に旅に出る。しかし、ユリアを愛するシンはケンシロウを襲い、力づくでユリアを奪い去った。シンの居城で暮らすことになったユリアはシンの止まらぬ野望に心を痛めていた。自分の存在がシンを狂気に走らせると考えたユリアは居城から身を投げる。そんなユリアを助け出した南斗5車星のリハクは、ユリアに南斗最後の将に会ってほしいと告げる。旅の最中、いたるところでラオウの凶事を見つめ続けたユリア。ついに南斗最後の将と出会ったユリアは、その正体がダーマであり自分自身こそが最後の将だと知る。そしてユリアは、この宿命を受け入れ、ケンシロウと出会うときを待ちつつラオウと戦っていくことを決意する。

DVD


【解説】

2007年4月劇場で公開されたシリーズ第3弾。原作でも最も人気が高い、ラオウとケンシロウの最後の死闘を新たなカットとともに再編集。原作では深く語られなかったラオウの知られざる心情も語られている。オリジナルキャラクターはラオウ軍総参謀のギラク。ラオウ伝-殉愛の章-のヒロイン、レイナも登場している。また、原作では第1部終了後に初登場したラオウの右腕、バルガや海賊赤シャチも重要な役割を担い登場する。

【ストーリー】

 サウザー亡き今、ラオウ軍を抑えることができる軍勢は南斗最後の将率いる南斗義勇軍のみ。ラオウは総参謀ギラクの提案を受け入れ、南斗義勇軍を討伐を決意する。一方、トキの墓前で祈りをささげるケンシロウの前に南斗5車星のひとり山のフドウが現れ、南斗最後の将の正体がユリアであることを告げる。南斗の砦に急ぐケンシロウ。その頃、ギラクの報告でラオウもまた南斗最後の将の正体がユリアであることを知り南斗の砦へと向かっていた。南斗の砦で対峙するラオウとケンシロウ。ケンシロウは北斗神拳究極奥義“夢想転生”でラオウを追い詰めるも、仕掛けられていた罠が発動し、ユリアを奪われラオウの逃走を許してしまう。ケンシロウの哀しい目に恐怖を覚えた己が許せないラオウは、自分の中に生まれた恐怖を消すため、かつて自分に恐怖を感じさせた唯一の男、山のフドウに勝負を挑む。それを知ったケンシロウはフドウを助けるためフドウの街へと向かう。

DVD


【解説】

2008年3月OVAで発売。トキが北斗神拳を学び始めた幼少期からラオウとの宿命の戦いまでを描いたシリーズ第4弾。オリジナルキャラクターとしてトキを支え続けた女医、サラが登場。原作では多くは語られなかったトキがいかにして世紀末の世界で絶望した人々を救い続けたが描かれている。幼き頃、ラオウと交わした忘れ得ぬ約束を果たそうとするトキの物語。

【ストーリー】

 人格、才能、全てにおいて北斗神拳伝承者に最も近かった男、トキ。しかし、北斗寺院の女医サラはトキが病に冒され余命が少ないことを北斗の師父リュウケンに告げる。リュウケンは悩みぬいた末、トキも望んだケンシロウを北斗神拳伝承者に指名する。それを見届けたトキは絶望の世紀末で苦しむ人々の手助けをするため、旅に出ることを決意し北斗寺院を後にした。そしてトキを想い、見つめ続けてきたサラもトキの後と共に北斗寺院を後にする。過酷な旅の中、ケガや病に苦しむ人々を救い続けるトキとサラ。やがてケンシロウがサウザーを倒し、真の伝承者として成長した姿を見届けたトキは、病で己の命が尽きる前に幼き頃ラオウと交わした約束を果たすため、命を懸けてラオウに勝負を挑むことを決意する。

DVD


【解説】

原作にはない完全オリジナルストーリーとして2008年10月に劇場で公開されたシリーズ最終章。物語はシンに敗れユリアを奪われてから、リンやバットと出会う(原作第1話)までが描かれている。シンの師父であるフウゲンや同門のジュガイ、ケンシロウを助けたダンなどのオリジナルキャラクターが多数登場。ケンシロウが北斗神拳伝承者としての宿命や哀しみを背負う意味などを知り、真の伝承者へと成長していく過程を描いた作品。

【ストーリー】

 シンにつけられた傷が癒えず荒野に倒れるケンシロウ。偶然通りかかったヤマン一家に助けられるも、そこに現れた奴隷商人グルマに捕まり、将軍と呼ばれるシスカによって支配されたゲッソーシティへ連行されてしまう。その頃、ゲッソーシティはジュガイ率いる軍勢から攻められ、住人は家族を人質に取られ兵士として戦う事を強要されていた。逃げ出すことも叶わない住人のため、ケンシロウはシスカの暗殺に向かう。ケンシロウと同じ牢に捕らわれていたシンとジュガイの師父フウゲンは、そんなケンシロウの甘さを指摘し、後の世のためゲッソ—シティから逃げるよう諭す。しかし、ケンシロウはヤマン一家や街の住人を見捨てることが出来ず、フウゲンの忠告を聞き入れなかった。傷のせいで本来の力を発揮できないケンシロウは暗殺に失敗し、磔にされてしまう。そして、ついにジュガイ軍は門を突破しゲッソーシティは戦場となった…。