北斗アーカイブス キャラクター:ラオウ

コミックス


DVD


【流派】北斗神拳

【技】北斗剛掌波、天将奔烈、無想陰殺など

北斗4兄弟の長男。トキの兄であり、修羅の国を統べていたカイオウの弟にあたる。故国が軍事国家の侵略を受けた際、北斗神拳を伝承するためにケンシロウやトキとともにリュウケンの許に送られる。ケンシロウが北斗神拳の伝承者に決まった時、自分の拳を封じようとしたリュウケンを殺害。核戦争後はトキを幽閉し、拳王軍を組織して一大勢力を作り上げる。ケンシロウがトキを解放すると自ら出陣し、レイとトキを打ち破ったのちにケンシロウと対決。この戦いが引き分けに終わって拳王軍が崩壊すると、しばらくは傷の治療に専念する。その後、最大の敵と目されていた聖帝軍のサウザーがケンシロウに敗れると拳王軍の復活を宣言。同じ時期に活動を開始したユリアの軍と激突する。この戦いを通じてジュウザやフドウをはじめとする南斗五車星をすべて撃破。しかし、ケンシロウとの最後の決戦で強烈な一撃を受けて敗退し、最後は天に拳を突き上げて絶命した。

登場作品