北斗の拳 35th Anniversary Album “伝承”

35thalbum

『北斗の拳 35th Anniversary Album “伝承”』

■ 概要

1983年の連載開始から2018年で35周年を迎えた「北斗の拳」。35周年のキーワード“伝承”にちなみ、連載当初からの既存ファンのみならず、新規ファンへも語り継がれる事を目指した取り組みを行っており、その一環として、音楽を通して「北斗の拳」の“伝承”を行うコラボが実現!

世界観・イメージが合うアーティストによる新たな「北斗の拳」をイメージした書き下ろし曲と新たな解釈でのカバー曲を集めた、アルバムCD「北斗の拳 35th Anniversary Album “伝承”」の発売が決定しました。
北斗七星にちなみ、超豪華な7組のアーティストたちが集結、参加アーティスト は、THE ALFEE (新録/「愛をとりもどせ!!」カバー)、布袋寅泰 (9/19発売シングル「202X」)、MY FIRST STORY (新録)、BiSH (新録)、三浦 祐太朗 (新録)、SILENT SIREN (新録)、MIYAVI (新録)といった錚々たるラインナップとなっています。果たしてどんな楽曲となるのか、今後の追加情報にご注目ください!

■ 商品情報

『北斗の拳 35th Anniversary Album “伝承”』
TYCT-60133 2,300円+税
CD: 全7曲収録。

  • 1. THE ALFEE「愛をとりもどせ!!」
  • 2. MY FIRST STORY「You're already dead」
  • 3. BiSH「Small Fish」
  • 4. 三浦祐太朗「LAST HERO」
  • 5. SILENT SIREN「Attack」
  • 6. 布袋寅泰「202X」
  • 7. MIYAVI「1000 Miles Away」

参加アーティストプロフィール(敬称略・50音順)

THE ALFEE 「愛をとりもどせ!!」

THE ALFEE

1973年、明治学院大学キャンパスにて出会いグループを結成。
翌1974年8月25日シングル『夏しぐれ』でデビュー。
1983年、デビュー10年目にしてシングル『メリーアン』が大ヒット。
2017年12月リリースのTHE ALFEE 67枚目のシングル『人間だから悲しいんだ』は、チャート誌に52作品連続ベスト10入りを果たしている。

一方、コンサートツアー・イベントと精力的な活動を続けており、海外公演は1998年「ニューヨーク」、翌1999年には「ベルリン」にて成功をおさめている。

日本のアーティストの中でも最もコンサート動員数が多いグループの一つであり、1986年の夏の野外イベント、東京湾13号埋立地における「TOKYO BAYAREA」では日本のアーティストとして初の一夜で10万人を動員。

2014年3月、3人揃って明治学院大学を名誉卒業。
2017年、第59回日本レコード大賞 企画賞を≪The KanLeKeeZ≫名義で受賞。
2019年8月25日にデビュー45年を迎える。
日本のバンドでコンサート実施通算本数は最多。通算本数は2018年10月20日に国際フォーラム・ホールAで行われたコンサート「45th Anniversary Best Hit Alfee 2018 秋ノ巻Château of The Alfee Ⅱ」で【2700本】を達成。現在も記録を更新中。

コメント:

メリーアンをリリースする1年前、ツアーで行った盛岡でクリスタルキングのライブを3人で観に行き、圧倒的な演奏力とボーカル力に度肝を抜かれた。海外にも負けないロックバンドのパワーがそこにはあった。

夢中で読んでいた「北斗の拳」連載開始35周年にあたり、彼らの代表曲をカバー出来たことは至極光栄です。

THE ALFEE 高見沢俊彦

THE ALFEE

MY FIRST STORY 「You're already dead」

MY FIRST STORY

2011年夏、東京渋谷で結成。

2012年4月に1st FULL AL「MY FIRST STORY」でデビュー以降、確かな楽曲、ライブパフォーマンスが話題を呼び、全国の大型フェス出演や海外アーティストとの共演も数多く務め、着実に実力を付けた。

2016年 4th FULL AL「ANTITHESE」をリリース。オリコンウィークリー初登場4位を記録し、日本全国47都道府県を回るツアーを敢行、最終公演は日本武道館にて開催。客席中心にステージを組んだ「センターステージ」にて開催し12,000人を動員しSOLD OUT。

2017年''MMA'' TOURはその最終公演として、千葉幕張メッセ 国際展示場9〜11ホールにて開催。外国人奏者による全曲フルオーケストラコンサートとなりロックバンドとしては考えられない演出内容を当日開演直後に魅せ、18,000人のオーディエンスを魅了。

2018年、全国ライブハウスを回るツアーの後、大阪、福岡、仙台、名古屋にて初のホールツアーを敢行し、最終公演は横浜アリーナ2days。
10月にリリースされた最新アルバム「S・S・S」はオリコンデイリーランキング1位を獲得。

絶えず進化を遂げる孤高のロックバンド。

コメント:

「北斗の拳」35周年おめでとうございます!また今回このような素晴らしいコンピレーションアルバムに参加することができ大変光栄です。

収録される新曲『You're already dead』はMY FIRST STORYらしい疾走感溢れる楽曲に仕上がっているので、マイファスファンにはもちろんですが、「北斗の拳」のファンの皆様にも聴いていただきたい1曲です!

MY FIRST STORY

MY FIRST STORY

BiSH 「Small Fish」

BiSH

アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・D からなる“楽器を持たないパンクバンド”。メジャー移籍後発売したアルバムはiTunes総合アルバムチャートで3作連続1位を獲得。3月にリリースした「PAiNT it BLACK」はオリコン週間シングルチャート1位を獲得。

2018年5月、横浜アリーナで開催されたワンマンライブは即日完売、各地大型フェスに多数出演、2018年10月から開催された初のホールツアー「BRiNG iCiNG SHiT HORSE TOUR」も各地ソールドアウト、12月22日には、幕張メッセ9〜11ホールで開催されるBiSH史上最大規模2万人の単独ワンマン公演「THE NUDE」を開催するなど勢いが止まらない。

コメント:

BiSHのセントチヒロ・チッチです。

「北斗の拳」35周年おめでとうございます。

超強いコンピレーションアルバムにBiSHも参加させていただきました。私達の9倍も長く生き続けている「北斗の拳」、こんなに長く愛される作品の1つの仲間になれたことが嬉しいです。

伝承を語るにはまだまだ未熟な私達ですが、BiSHなりの拳をぶつけて「Small Fish」を歌わせていただきました。混沌の世界で生きる人間臭い私達だから歌える歌で精一杯戦ってみました。7つの北斗七星の中でも雑魚な私達だけど、いつかなにかの伝承者になれますように。

セントチヒロ・チッチ / BiSH

BiSH

三浦祐太朗 「LAST HERO」

三浦 祐太朗

2008年 に バンド「Peaky SALT」ボーカルとしてメジャーデビュー。2011年 にソロプロジェクト始動。

2014年4月よりFM NACK5 キラメキミュージックスター「キラスタ」18:00〜20:00(生放送)水曜・木曜レギュラーのパーソナリティを勤め、現在も継続中。

2017年には、自身の母である山口百恵さんの楽曲「さよならの向う側」「秋桜」「いい日旅立ち」他全8曲をカバーした「I’m HOME」をリリース。オリコンウィークリーランキング7位を記録。発売して3ヶ月以上たったオリコンデイリーランキングでは3位を獲得し、現在もロングセールスを続けている。同年12月には日本レコード大賞 企画賞を受賞。

2018年には「I’m HOME TOUR 2018」を開催 (3月20日Zepp Nagoya、3月27日Zepp Namba、3月30日Zepp DiverCity)。8月にはアニメ「邪神ちゃんドロップキック」のEDとして書き下ろしたタイアップ曲「Home Sweet Home!」を含むオリジナルアルバム「FLOWERS」を発売。9月1日より「株式会社 夢ハウス」のCMにも出演している。

コメント:

漫画「北斗の拳」連載35周年おめでとうございます。そしてこのような素晴らしいプロジェクトに参加させて頂き大変光栄です。燦然と輝く7つの星、北斗七星。そのうちの1つとして、力強く、愛を込めて歌いました。是非お聴きください。

三浦祐太朗

三浦祐太朗

SILENT SIREN 「Attack」

SILENT SIREN

2012年にメジャーデビューした、Vo&G.すぅ(吉田菫)、Dr.ひなんちゅ(梅村妃奈子)、Ba.あいにゃん(山内あいな)、Key.ゆかるん(黒坂優香子)の4名からなるガールズバンド。原宿を中心に女子中高生に人気が広がり、LINE公式アカウントの登録者数は現在54万人を超える。

2015年にガールズバンド史上デビュー後最短で日本武道館ワンマンライブを開催し、2016年には横浜アリーナ単独公演も成功させ、5カ国6都市を回るワールドツアーも同年に敢行。

2017年にはデビュー5周年記念日にツアーファイナルとしてバンド初となる武道館2Days公演を成功させる。

そして2018年開催のバンド史上最多33公演の全国ライブツアーを完走。まもなくデビュー6周年を迎えさらに勢いを増す唯一無二のガールズバンド。

コメント:

今回「北斗の拳」35周年記念コンピレーションアルバムに参加できてとても嬉しいです!「北斗の拳」はあまりにも有名で影響力があるので、リスペクトを込めて良い緊張感で曲作りができました!

男性が読む漫画というイメージが強い「北斗の拳」ですが、そのイメージを壊せるように私達にしか出来ない魂の叫びをこの曲に込めました。イントロからアウトロまでかなりバチバチに気合いをいれて「女だからって舐めんなよ」の気持ちで重ためサウンドで作りました。サイサイのポップとはまた違う一面をこの一曲でみんなに知ってもらい、「北斗の拳」をまだ知らない世代の子にも興味を持ってもらえたらうれしいです。

SILENT SIREN / Vo・G. すぅ

「北斗の拳」の世界観に合うように音作りからこだわり、特に間奏部分は闘っているイメージで制作しました。ライブでも盛り上がるように男気溢れるサウンドでサイサイの新しい一面が出せたと思います!

SILENT SIREN / Dr. ひなんちゅ

「北斗の拳」についての思い出、イメージ、好きなキャラクターについて:
ケンシロウがダイヤとの戦いの際、ダイヤが自慢の棒術でケンシロウに僅かなかすり傷を負わせるんですが、ダイヤなりの早い動きに対してケンシロウが「スローすぎてあくびがでるぜ」って言ったシーンではなんか笑えてきました!ケンシロウは愛もあるし素直で強くてかっこいいです。守られたい!

SILENT SIREN / Vo・G.すぅ

SILENT SIREN

布袋寅泰 「202X」

布袋寅泰

日本を代表するギタリスト。 日本のロックシーンへ大きな影響を与えた伝説的ロックバンドBOØWYのギタリストとして活躍し、1988年にアルバム『GUITARHYTHM』でソロデビューを果たす。

プロデューサー、作詞・作曲家としても才能を高く評価されており、クエンティン・タランティーノ監督からのオファーにより、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY(新・仁義なき戦いのテーマ)」 が映画『KILL BILL』のテーマ曲となり世界的にも大きな評価を受け、今も尚、世界で愛されている。

2012年よりイギリスへ移住し、2014年にはThe Rolling Stonesと東京ドームで共演を果たす。

2015年海外レーベルSpinefarm Recordsと契約。

2017年にはユーロツアーと初のアジアツアーを開催。

2018年、「北斗の拳」201Xテーマソングとしてリリースされた「STILL ALIVE」以来、実に8年ぶりとなる再びの熱いタッグとなった、「北斗の拳」連載35周年を記念して書きおろされた待望のNew Single「202X」を9月19日リリースした。この曲のために特別に結成された、ベース・ケンシロウ、ドラム・ラオウ、ボーカル&ギターを布袋寅泰が担当するバーチャルスーパーバンドのミュージック・ビデオも大きな注目を集めている。10月には、ロンドン公演含むヨーロッパ・ツアー「HOTEI EURO TOUR 2018」を開催、そして11月10日(土)からは待望の日本ツアー「HOTEI Live In Japan 2018~TONIGHT I’M YOURS TOUR~supported by ひかりTV」を神戸から開始したばかり。

コメント:

「Still Alive」に続き、「北斗の拳」の記念すべきアニバーサリーを音で祝福することができ光栄だ。原作の舞台は最終戦争後の199X年だったが、我々はその設定を越えた未来に住んでいる。来るべき『202X年』に向け、「北斗の拳」が描いた熱き思いを蘇らせたこの曲は、ラオウの残した「我が生涯に 一片の悔いなし!」という魂の名セリフをモチーフに、戦う男の激しくも切ない生き様を描いた壮大かつロマンチックなアッパーチューンだ。ベースにケンシロウ、ドラムにラオウ、そして布袋寅泰の共演が実現したバーチャル・スーパーバンド登場のミュージック・ビデオや、話題の3Dフィギュアと共に、全ての北斗ファンに楽しんでほしい。

布袋寅泰

布袋寅泰

MIYAVI 「1000 Miles Away」

MIYAVI

アーティスト / ギタリスト

エレクトリックギターをピックを使わずに全て指で弾くという独自の“スラップ奏法”でギタリストとして世界中から注目を集め、これまでに約30カ国350公演以上のライブと共に、7度のワールドツアーを成功させている。

また、アンジェリーナ・ジョリー監督映画「Unbroken」(2016年日本公開)では俳優としてハリウッドデビューも果たした他、『コングー髑髏島の巨神』『BLEACH』『ギャングース』への出演、モデルとしてYohji Yamamoto,Y-3パリコレでのデビュー、映画『Mission: Impossible ‒Rogue Nation』日本版テーマソングのアレンジ制作、HONDA コマーシャル楽曲、SMAPへの楽曲提供をはじめ様々なアーティスト作品へ参加するなど、国内外のアーティスト/クリエイターから高い評価を受けている。2017年にはUNHCR大使に就任。12月5日には国内外の豪華アーティストが参戦した『SAMURAI SESSIONS vol.3 – Worlds Collide –』を発売。

常に世界に向けて挑戦を続ける“サムライ・ギタリスト”であり、ワールドワイドに活躍する今後最も期待のおける日本人アーティストの一人である。

コメント:

35周年、おめでとうございます。元々、小さい頃に読んでたこともあり、この作品に参加できることを光栄に思います。僕自身、ケンシロウの持つストイシズムと彼独特の愛情表現には沢山の影響を受けていると思います。荒れ果てた地を行く男たち、終わらない旅路に思いを馳せて作らせて頂きました。男には愛する人を守るため、戦わなければいけない時がくる。全てのタフボーイに捧げます。

MIYAVI

MIYAVI

詳しくはこちらから